TOP » 結婚式はドレスor和装?広島の花嫁衣装 » ウエディングドレス » ドレスに合うヘアメイク

ドレスに合うヘアメイク

素敵なウエディングドレスを選んだからには、ヘアメイクもこだわりたいもの。ここでは、ドレスにマッチしたヘアスタイルやヘアドレスをご紹介します。

プリンセスラインに合う
ヘアメイク

広島のウエディングのヘアスタイル

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

スカートのボリュームを際立たせるためには、髪はすっきりとひとつにまとめましょう。後頭部の頂点でまとめることで三角のラインが生まれると、より美しい印象になります。

映画に登場するような、ガーリーなお姫様イメージを重視したい花嫁さんは、ダウンスタイルも◎

プリンセスラインを着る時は、ヘアドレスも姫系に統一するのがおすすめ。とくにゴージャスなプリンセスティアラ・クラウンティアラとよくマッチします。

ドレス・ヘアドレスともに目を奪うゴージャスなデザインなので、メイクは派手になりすぎないよう、少し抑えるのが良いでしょう。

Aラインに合う
ヘアメイク

広島のウエディングのヘアスタイル

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

ドレス自体がシンプルなラインなので、ヘアスタイルもすっきりとまとめると、統一感が出て上品な美しさに。シニョンを取り入れたアップスタイルは、うなじやデコルテも際立ちます。

ポイントをトップスにつくることで、小柄さんやぽっちゃりな方はエレガンスに!ヘアジュエリーを使うと、華やかなヘアスタイルになります。

キュートに仕上げたい花嫁さんは、ハーフアップもおすすめ。ナチュラルで優しい雰囲気になります。

エンパイアラインに合う
ヘアメイク

広島のウエディングのヘアスタイル

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

ナチュラルな雰囲気を持つエンパイアラインは、きれいにまとめるよりも、波ウェーブをラフにまとめると今風なコーデになります。ダウンスタイルも、アンニュイな雰囲気が出てセクシーさがUP!少女のような可憐な印象に。

アクセサリーは、ヘアジュエリーやティアラのようにキラキラと輝くアイテムよりも、花冠や花ピンといった草花アレンジが◎。とことんナチュラルテイストで統一すると、ブーケとのトータルコーデも!細部までこだわったアレンジが可能です。

マーメイドラインに合う
ヘアメイク

広島のウエディングのヘアスタイル

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

女性らしい美しいくびれが強調されるマーメイドラインには、ヘアスタイルでも大人っぽさをアピールできるまとめた髪をサイドに流すダウンスタイルが人気です。

マリアベールとの相性が良く、ベールのレースや装飾を引き立てるシンプルなアップスタイルも似合います。エレガンスな印象を与えるロングベールもマッチするドレスなので、ベールにこだわる場合は、あえてヘアアクセサリーをつけない花嫁さんも多くいます。少し寂しいと感じる場合は、シンプルなヘアジュエリーだけをつけるのもおすすめです。

ミニドレスに合う
ヘアメイク

広島のウエディングのヘアスタイル

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

キュートな印象を与えるドレスなので、トップで髪をまとめると全体的なバランスが良くなります。リボンや花冠、ボンネなど、大きくてインパクトのあるヘアアクセサリーとも相性抜群

ロングヘア―だけでなく、ボブ・ショートも似合います。無造作をエアリーにまとめると、ガーリーな印象になります。

ヘッドドレスとも相性が良く、ボリューミーなウエディングハットとのバランスが◎。かわいいだけでなく、スタイリッシュなテイストも思いのままです。

わたしたちらしい
結婚式を開くための
ポイント一覧をもっと見てみる

イメージ通りのヘアメイクにしてもらうコツは?

広島のウエディングのヘアスタイル

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

ヘアメイクさんに自分のしたいスタイルを口で伝えるのは難しいですよね。

イメージがしっかりとある人は、自分がなりたいスタイルをしっかり伝えることが大切。最近では、インスタグラムやビンタレストなどで得た情報や画像をもってくる人も多いそうです。

逆にどんなヘアメイクがいいか迷っている人は、ヘアメイクさんに気軽に相談してみるのがオススメ。衣装のイメージや、どんな印象にしたいかなどをざっくりでもいいので伝えながら、プロ目線の提案やアドバイスをもらい、自分ぴったりのスタイルを作り上げていきましょう。

また、担当のヘアメイクさんには、遠慮をせずに納得いくまで何でも相談をすることや、挙式当日の前にはヘアメイクのリハーサルをするのも重要です。そこで当日のヘアメイクを実際にしてもらい、仕上がりを確認をすれば、当日に「イメージと違う!」なんてことを避けられるので、安心して当日を迎えられますよ。

ご自身でヘアメイクをしたいという方や、行きつけの美容師さんにヘアメイクをしてもらいたい方は、まずは担当プランナーに相談してみましょう。それにより料金が変わったり、そもそも外部のヘアメイクさんは不可のところもあるので、契約前の確認は必須です。

結婚式は人生でも思い出深い大切な時間です。準備をしっかりとして、人生で一番キレイな自分で当日を迎えてくださいね!

ブライダルメイク

ブライダルメイクは、ウェディングドレスと合わせて確認しておきたいポイントです。メイクはドレスとアクセサリーによっても変わってきます。一生に一度の思い出に残る日だからこそ、ヘアメイクさんにまかせっきりにせずに自分に合ったメイクを見つけましょう。

ブライダルメイクの基本

美しい一面を引き立たせる役割を持っている

ブライダルメイクは、ウェディングドレスとともにシンプルの美しい一面を引き立たせてくれる役割を持っています。普段のメイクと違うのは、身につけるドレスとアクセサリーに合わせてメイクすること。「絶対にこうでなければいけない」という明確なルールはありません。だからこそこだわりたいポイントといえるのです。

ドレスとアクセサリーに合わせるのが基本ですが、「もっと表情豊かに見せたい」「できるだけ顔が小さく見えるようにしてほしい」といった要望にもヘアメイクさんは応えてくれます。

濃いメイクにする理由

ブライダルメイクは濃いのが基本。結婚式のリハーサルとともにブライダルメイクも施してもらう方が多くいますが、決まってビックリされる方が多いようです。

ブライダルメイクが普段のメイクより濃い仕上がりになるのは、当日に着るドレスに表情が埋もれないようにするためといわれています。ドレスはきらびやかでボリュームもある衣装。顔とドレスのバランスを取るためには、メイクを濃くしなければならないのです。

結婚式当日の会場によっては濃いメイクが映えます。席が遠くても表情が見えるようにと、濃くすることもあるのです。

お色直しにも対応できるメイク

丸一日同じメイクでいられないのもブライダルメイクと普段のメイクとの違いです。結婚式では、お色直しがあるのが一般的。純白のウェディングドレスからゴージャスなカラードレスへのお色直しと、衣装のイメージをガラッと変えることもあります。

ブライダルメイクはベースメイクが命です。ベースメイクが完璧だと、清楚なドレスにもカラフルなドレスにも合うメイク直しができます。ブライダルメイクはお色直しも含めて、晴れの日を左右する大事なポイントなのです。

人気のブライダルメイク

フランスで流行中のストロビングメイク

顔の目元から高い部分にかけてハイライトを入れるストロビングメイクが人気です。フランスで流行しているメイク法で、ストロボライトを当てたようなツヤが出ます。目元やまぶたのうえ、鼻筋にパール系の下地をプラスすることで簡単にメリハリのある肌に。シンプルながらナチュラルに見え、どんなドレスでも相性抜群です。濃いメイク、強いメイクが苦手な方は、薄めのメイクでも顔を強調してくれるストロビングメイクをオーダーしてみてはいかがでしょうか。

ベリーリップは大人過ぎず、甘すぎず

大人っぽいウェディングドレスが多いとメイクも大人向けになりがちですが、そこに少しだけ甘めのポイントをプラスしてくれるのがベリーリップです。ピンクだけだと淡く、遠くから見ても淡くて表情が良く見えません。対して真っ赤なリップだと主張しすぎる場合があります。

ベリーリップは、ピンクと赤のちょうど中間のような色。大人っぽい印象を残しつつ、少しだけ甘めな印象を与えてくれます。これからさらに多くの花嫁さんに広まっていくことでしょう。

ベースメイクが大事!ナチュラルメイク

現在は素肌に近いナチュラルメイクを希望される方が多くなっています。ブライダルメイクは濃くなるのが一般的ですが、ただ濃いだけのメイクは時代遅れに感じる方も多いのです。

ナチュラルメイクといっても大事なのがベースメイク。ベースを完璧に整えていないとメイク崩れを起こすだけでなく、見た目の華やかさも半減してしまいます。ナチュラルメイクはあくまで「素肌に見えるような」メイクです。濃いメイクは遠慮しつつ、人前に出てもナチュラルな表情を見せたい方におすすめです。