TOP » 結婚式はドレスor和装?広島の花嫁衣装 » 和装

和装

広島の和装事情

人気を集めている和装での結婚式

広島の和装姿でのヘアメイク

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

ゼクシィ結婚トレンド調査 2017によると、首都圏の結婚式で和装を着る方は2014年から増加傾向にあり、伝統的な和装衣装での結婚式が人気になってきています。

岡山・広島・山口・鳥取・島根エリアは26.3%が色打掛を、13.3%が白無垢を結婚式に取り入れており、全国平均よりも和装の人気が高い地域です。特に25~34歳の花嫁さんが和装を着ることが多く、中でもカラフルでバリエーションが豊富な色打掛で結婚式を飾る方が多いそうです。

和装が人気なワケ

広島の和装姿でのヘアメイク

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

和装が注目を集めはじめた理由として、「一度は白無垢を着けてみたい!」「荘厳な式を挙げてみたい」という花嫁が増えてきたことがあげられます。和装での結婚式はウエディングドレスと比べ、厳かな雰囲気。日本人らしく、大和なでしこのような奥ゆかしさ溢れる和装での結婚式に憧れる女性が増えているのでしょう。また、「友だちの結婚式はほとんどがウエディングドレス。だからこそあえて和装で結婚式を挙げたい」という方もいます。

和装は神社・結婚式場どちらでも着用でき、さまざまな演出ができるのも魅力。神社での挙式は伝統的な日本の挙式スタイルを楽しめ、新郎新婦だけでなく参列者も感動できる挙式になるそうです。一方、結婚式場で和装を着る場合は、人力車での登場や餅つきで共同作業をするなどして「和」を演出することもできます。

広島で和装の人気ポイント!

広島の和装姿でのヘアメイク

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

「伝統的な結婚式を挙げてみたい」「みんなの記憶に残るような結婚式にしたい」という新郎新婦が、広島で和装の結婚式を挙げています。広島には宮島の厳島神社や広島護国神社、広島東照宮など歴史のある神社が点在。神社での儀式は神職・新郎新婦・仲人・親・親族が行列を作って歩く花嫁行列や伝統的な儀式音楽である雅楽などを楽しむことができます。新郎新婦はもちろん、ゲストからの評判が高いのが和装での結婚式が選ばれている理由の1つでしょう。

ウエディングドレスも
着たい場合は?

広島の和装姿でのヘアメイク

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

結婚式の衣装にこだわりを持つ花嫁さんの中には、「ウエディングドレスと和装の両方を着たい」という方も多いはず。結婚式ではお色直しで何回か衣装を変えることができるため、両方をお披露目する方もたくさんいます。お色直しにかかる時間は一般的には30分ほど。ドレスから和装に変える場合は、衣装を変える際に髪型・メイクを変える必要があるので長くなってしまいます。お色直しに時間をかけてしまうと、ゲストと触れ合う時間が少なくなってしまったということもしばしば。そこで「ゲストとの時間も大切にしたいけど、和装の姿も披露したい」という花嫁さんたちは、前撮りで和装を着るプランを選んでいるそうです。

結婚式と前撮りをできる結婚式場も

広島の和装姿でのヘアメイク

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

広島には前撮りと結婚式がセットになったプランを提案している結婚式場があります。前撮りで撮った写真をウェルカムボードにしたりスライドショーで流したりして、お色直しでゲストとの時間を減らすことなく和装姿を披露できます。

広島で前撮りをするなら厳島神社や、近くの出雲大社などの神社がおすすめ。壮麗な神社をバックに撮った写真は、和装の美しさが倍増すること間違いありません。前撮りでロケ地が選べる結婚式場もあるので、是非探してみてください。

和装のいろは

人気の和装衣装

広島の和装姿でのヘアメイク

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

ドレスに比べると和装は種類が少ないと思っている花嫁さんもいるかもしれません。でも実はバリエーションが豊かで、自分らしさもアピールできる衣装なのです。結婚式の和装衣装は白無垢が定番ですが、それ以外にもカラーバリエーションが豊富な「色打掛」や裾を引きずる「引き振袖」など、種類はさまざま。また、柄に込められているメッセージにもこだわりながら着物を選べるのも、和装の楽しいポイントです。和装の種類や柄を知って、自分らしい和装のコーディネートをしてみましょう。

和装に合うヘアメイク

広島の和装姿でのヘアメイク

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

コーディネートに重要なヘアメイク。文金高島田や綿帽子、角隠しなど和装には独特のヘアメイク方法があります。それぞれ伝統的な歴史を持ちながら、現代の花嫁にマッチするように進化してきました。和装をさらに引き立てるヘア小物も、注目すべきコーディネートアイテム。和装のヘア小物として一般的だったかんざし・こうがいの他にも、近年は生花やリボンなども人気が出ています。リボンは大正ロマンを感じられるキュートなアイテムです。

参照元(PDF):ゼクシィ結婚トレンド調査 2017
http://bridal-souken.net/data/trend2017/XY_MT17_report_06shutoken.pdf