TOP » 結婚式はドレスor和装?広島の花嫁衣装 » 和装 » 和装の所作

和装の所作

キレイに見える和装の所作

和装をする気になるのが所作やマナーなどではないでしょうか。正しい所作は和装を汚さずに済むだけでなく、周りから見てもキレイに見えます。結婚式の写真映えも良くなること間違いありません。和装の正しい所作を覚えておくと役に立つ場面が他にもあるので、この際にぜひ覚えましょう。

和装での歩き方

神前式で和装を着た場合、新郎は新婦の少し前を歩きます。新婦はゆっくりと、小さめの歩幅で歩くのが基本です。新郎もペースを意識しましょう。

白無垢や打掛の裾は褄(つま)という着物の前の部分を持ち、裾を引きずらないのがポイント。褄は右手の親指以外の指で下から支え持つようにして、親指で挟みます。左手は褄を持っている右手に添えるだけで大丈夫。

打掛は裾を引きずることが多いので、歩く際には打掛専用のベルトで短くしてから歩きましょう。

和装での立ち方

立っているときは肩の力を抜き、あごを引いて腰を引きぎみにするとキレイな姿勢になります。白無垢はかつらの重心が後ろに来てしまうため、常にうつむき加減になるよう意識してください。つま先は開きすぎないよう、常に内股を意識してください。

新郎新婦の2人で立つときは、「ハの字」を意識して立つとキレイな姿勢に見えます。周りに向かって末広がりになるように立つのが理想です。触れ合う側の肩を引き、新婦が新郎の少し後ろに見えるように立ちましょう。

和装での座り方

背もたれにかからないように座ると、帯の食い込みが防げます。同時に背筋が伸びてキレイな姿勢になるので、ぜひ意識しましょう。帯と背もたれの距離は約5cmが基本です。浅く座りすぎても前のめりになってしまうので、イスに合わせて座るのが無難です。

気をつけたいのが、時間が経つうちに疲れてくること。背中が丸くなると見た目が良くありません。和装の時は座っている間こそ注意したい部分です。座っているとつい気が緩みがちですが、気を抜かずに常に意識しましょう。

和装での食事

食事をする際は膝にナプキンをかけ、衣装を汚さないように配慮しましょう。ナプキンは2つ折りにして、折った「わ」の部分を手前にします。席につく際は帯とテーブルの間にこぶし1つ分のスペースを開けるよう意識してください。

食事中にグラスを取る際は延ばす方の手の袖口を押さえましょう。袂(たもと)が汚れないだけでなく、腕がむき出しになることも防げます。袖口を抑えながら物を取る所作は美しく見えるので、食事中ふいに写真を撮られたとしても、写真映えも問題ないでしょう。