TOP » ゲスト満足度の決め手!広島の結婚式料理事情 » 料理の種類

料理の種類

結婚式で提供する料理には、いくつか種類があります。料理はおもてなしの要。味にこだわることはもちろんですが、ゲストの顔ぶれや会場の雰囲気と合わせてしっくりくる料理を選ぶことが大切です。

結婚式で出される料理の種類

広島の結婚式_フレンチ

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

洋風(フレンチ)

フレンチのメリット

結婚式で出される料理の王道ともいえるフレンチは、フォアグラやオマール海老など、普段なかなか口にできない高級食材をいただけるのも魅力のひとつ。コースはランクが分かれていることが多く、メインのお肉だけグレードアップするなど、予算に合わせた選択もできます。

フレンチのデメリット

しっかりとマナーが決められているフレンチは、基本的にフルコースでいただくため、カジュアルな披露宴には向いていません。1皿ずつ出てくるので、若い男性ゲストは物足りなさを感じることも。ゲストによってはメニューを増やす必要があるでしょう。

洋風(イタリアン)

イタリアンのメリット

イタリアンはカジュアルウエディングにぴったり。パスタやピッツァなどのイタリアンは、大人も子どもも食べ慣れている人が多く、日本人に受け入れられやすい料理です。バイキング形式で提供すれば、ゲスト同士の話が弾むにぎやかなパーティーを楽しめるでしょう。

イタリアンのデメリット

カジュアルなイメージを持たれがちなイタリアンは、いつでも気軽に食べられるので、結婚式ならではの特別感がないと感じてしまうゲストも。形式にこだわったフルコースでフォーマルなイタリアンを出してくれる会場もあるので、試食会に参加して盛り付けや味付けをチェックしましょう。

結婚式の洋風
(フレンチ・イタリアン)
料理についてもっと詳しく見る

和風

広島の結婚式_和風

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

和風のメリット

和食には「祝い膳」という言葉があるように、結婚式のために作られるおめでたい料理が並びます。さっぱりしていて年配ゲストの口に合う味なので、ご両親に喜ばれること間違いなし。洋食とはまた違った鮮やかで美しい盛り付けが、披露宴に色を添えてくれます。

和風のデメリット

小さな子どもにとっては食べ慣れていない料理が多いため、披露宴の間ずっと何も口にできない…なんてことも。キッズメニューを用意するといった配慮が必要です。別メニューを用意すればそれだけ費用がかさんでしまうので、お財布と相談して決めてくださいね。

結婚式の和風料理について
もっと詳しく見る

和洋折衷

広島の結婚式_和洋折衷

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

和洋折衷のメリット

和風・洋風の良いところを組み合わせた和洋折衷料理は、老若男女を問わず受け入れられやすいのがメリットです。洋風のメニューでも、和風の味付けで慣れ親しんだ味に。和洋折衷料理を食べる機会は少ないので、その日限りの特別感を楽しんでもらえます。

和洋折衷のデメリット

和風と洋風を融合させ、幅広い年代に受け入れられやすいよう作られているので、印象に残りにくい料理になる可能性があります。和と洋、それぞれの個性を楽しめるように、試食をして味や盛り付けをとことん相談し、納得のいくメニューに決めてくださいね。

結婚式の和洋折衷料理について
もっと詳しく見る

ゲストのアレルギーに注意

結婚披露宴でゲストをもてなすための料理を考える場合、ゲストのなかにアレルギー体質の方がいないかどうかの配慮も大事です。乳製品をはじめ、昔からアレルギーの代表格とされていた食材だけではありません。近年ではアレルギーを起こす可能性のある食品が増えているのです。せっかく結婚式に招待されたのに、料理が食べられないことで楽しさが半減してしまうかもしれません。結婚式場で料理を選ぶ際は、ゲストのアレルギーにも注意しましょう。

結婚式場のなかには、料理人がアレルギーを引き起こさない食材に変えて作ってくれる場所もあります。料理の内容と一緒に、ゲストのアレルギーに対してどんな配慮がなされているかも確認しておきましょう。

ル・クラブ・ド・マリアージュの料理

食材と料理のバリエーションへの高いこだわり

結婚披露宴で提供する料理は季節ごとに旬の食材を選び、食材に合った料理を提供しているル・クラブ・ド・マリアージュ。どの季節に式を挙げても、毎回同じ料理を出すことはしないそうです。

料理を出すうえで一番にこだわっているのが、食材のフレッシュさ。野菜は無農薬で有機野菜をできるだけ使用しています。半分調理済みで運送される冷凍食品も一切使っていません。このこだわりは「結婚式で出される料理はおいしくない」というイメージをなくすため。式に参加されるゲストと新郎新婦が喜ぶ料理が提供できるよう、常に意識しています。

ゲスト一人ひとりの希望に沿うバイオーダー

バイオーダーという料理の提供形式が選べるのもル・クラブ・ド・マリアージュの特徴の一つ。「今食べたい」と思うメニューを選んでオーダーしてもらうシステムです。ゲスト全員が同じ料理を食べるのではなく、ゲスト一人ひとりの「これが食べたい」という気持ちに沿ったサービスとしてスタートしました。

ル・クラブ・ド・マリアージュで出される結婚式の料理は、もともと和と洋にとらわれていません。京都、東京の料亭で修業を積んだ料理人のこだわりから生まれたスタイルは、さまざまなゲストの好みにマッチすることでしょう。年齢が若いゲストはもちろん、年配のゲストにも好評の料理スタイルです。

健康にこだわった食材で料理を提供

ル・クラブ・ド・マリアージュの料理はヘルシーさがモットー。野菜は契約農家から優先して仕入れています。魚は季節や使いたい魚によって捕獲地を変えるほどのこだわりぶりです。魚介類と肉はどちらも養殖者を決めています。とくに肉は生産地と生産者を限定し、検査に通った食材のみしか扱いません。安全な食材を使うためのこだわりが強いといえるでしょう。

食と同じくこだわりが強いのがワイン。昔ながらの無農薬農法「ビィオディナミ」で育てられたブドウを使用したものとして注目されています。

太陽の光に土の力と、自然の力に恵まれた食材は、安全かつうまみが詰まったものばかり。健康にこだわった食材から生まれる料理は、式に参加したゲストの心をつかむことでしょう。