TOP » 失敗しない!広島の結婚式場選び » 披露宴会場

披露宴会場

このページでは、披露宴会場について情報をまとめています。

披露宴会場の魅力

披露宴会場でのウェディングについて

披露宴とは?

披露宴会場は、挙式後にゲストを招待してお披露目するためのパーティーを指します。結婚式の後に開かれるのが一般的です。

招待したゲストとともに料理を楽しむだけでなく、披露宴を盛り上げるための演出を取り入れるところも少なくありません。

日本の披露宴のはじまり

結婚披露宴の形が日本で広まったのは平安時代からといわれています。その時代は男性が女性の家に通い、女性側の親から許しを得て初めて結婚が許されていました。

女性に結婚への意思を伝えるため、男性は三日間連続で女性の家に通います。そして女性側の親から結婚の許しが出た際に、宴会を開いたのでした。これが現在の披露宴の原型といわれています。

宴会を開いていたのは男性側です。当時は結婚する当人同士の気持ちよりも、家と家の結びつきが大事にされていた時代でした。

変化していく披露宴の形

結婚に関する法律が制定されたのは明治時代。これに合わせて戸籍制度が生まれたことで、婿入り婚よりも嫁入り婚が主流になりました。

明治時代から昭和初期にかけては、「結婚は家同士の結びつき」という考えがまだまだ多かったようです。しかしその考え方も日本国憲法の中の家族法によって大きく変わります。家同士の結びつきではなく、結婚を希望する当人同士の合意だけで結婚できるようになったのです。法律の制定により、お見合い結婚よりも恋愛結婚が増加していきました。

現代の披露宴の形

結婚に関する考え方が変わったことで、披露宴を開く場所も変わっていきました。もともとは自宅で開かれるものでしたが、現在は結婚式場、ホテル、レストランとあらゆる場所が披露宴会場として利用されています。

披露宴会場の選択肢が増えた理由として、新郎新婦の結婚に対する考え方や意見などが尊重される時代になってきたことが関係しているようです。

結婚披露宴を行う意味とは?

もともとは家同士のつながりを意味していた結婚式ですが、現在は結婚を望むカップル同士が挙げるものというイメージが定着しています。現在、結婚を控えているカップルはどんな目的をもって式を挙げようとしているのでしょうか。

結婚式を挙げる主な目的は3つあるといわれています。1つはそれぞれの人生にけじめをつけること。二人でこれからの人生を共に歩んでいくことへの大きな決意を表現しているといわれています。

2つ目が親孝行です。家同士の結びつきではなく、カップルの意思で結婚ができるようになったといっても、やはり親やお世話になった方などには結婚を伝えたいもの。自分の幸せな姿を親に見せることで、安心してもらいたいと考える方も多いようです。

3つ目が、幸せを実感すること。結婚式にはカップルにゆかりのあるゲストがお祝いのために参加してくれます。自分のために多くのゲストが集まってくれることはそうそうありません。いろいろな方から祝福されることで、幸せを感じる方も多くいます。

披露宴を開く目的

カップルの二人がこれまでお世話になった方々のためにもてなす宴会が披露宴です。結婚するまでの日々でお世話になった方、支えてくれた方々に感謝の気持ちを伝えたいという想いから披露宴を開く方が多くいます。

披露宴は自分の幸せを実感するためだけでなく、これまで関わってきた方々への感謝の気持ちを伝える手段でもあるのです。

披露宴会場でのウェディングの魅力

選べる結婚式場のタイプ

ウェディングを披露宴会場で挙げる大きな魅力は、カップルが考える披露宴が形にできるところでしょう。

専門式場の中には、式を挙げるためのチャペルや神前式用の会場などが併設されています。なかにはテイストの違うチャペルを2パターン以上用意している式場もあるほどです。

結婚披露宴を盛り上げる魅力スペースが満載

式場以外のスペースも魅力満載です。新婦が利用するブライズルームやゲストをお待たせする控室を完備するだけでなく、新郎新婦とゲスト用の動線もスムーズになるように造られています。披露宴を開く際の音響機器と映像機器は最新設備を使用。演出の幅がぐんと広がります。

知識と経験が豊富な専門スタッフが在籍

式場には結婚式と披露宴専門のスタッフが在籍。専門式場とあって、知識と経験も豊富なスタッフばかりです。これまでに携わってきた結婚式のノウハウを活かし、それぞれのカップルに合った対応と細やかな気配りをきかせてくれます。この点も専門式場ならではの魅力であり、メリットといえるでしょう。

披露宴会場でのウェディングのデメリット

同じ日に別のカップルと鉢合わせる可能性アリ

タイミングによっては、ほかのカップルと鉢合わせになるかもしれません。会場は1日に数組ものカップルの結婚式に対応します。特に週末は式を挙げるカップルが多いので、タイミングが重なる可能性が高くなるでしょう。

専門式場によっては別々に導線を確保して、カップルが鉢合わせにならないように配慮してくれます。事前見学で確認しておきたい点です。

オプションで思わぬ予算オーバー

専門式場ならではのオプションが充実しているので、あれもこれもと取り入れるうちに予算を超えてしまう可能性があります。披露宴会場を決める際にどんな式にするかこだわりポイントと予算を決めて、オプションを選ぶのが無難です。専門スタッフと話し合って、理想の披露宴を作り上げていきましょう。

披露宴会場の選び方

広島の結婚式場ル・クラブ・ド・マリアージュ

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

披露宴は式を挙げ、正式に夫婦となったカップルがゲストの前に初めて姿を現す場所。祝福してくれる人々とスムーズな交流を図るため、より良い会場を選びたいものですね。会場チョイスの際は、以下の点を意識するようにしましょう。

招待するゲストの数を決めておく

ゲストの人数によって会場の規模が異なるため、一番はじめに確認しておくべき事柄です。

希望内容を決めておく

「ゲストとの距離を詰め、積極的に交流を図りたい」、「演出や余興などに凝りたい」など、カップルにより希望はさまざまです。その内容により適した会場は異なりますので、まずふたりで希望を擦り合わせておきましょう。

予算を決めておく

「ああしたい、こうしたい」という希望をすべて実現するためには、多額の費用が必要となります。またディテールに凝りすぎるあまり、お料理のグレードが落ちてしまうのは考えもの。あらかじめ大体の予算を算出し、具体的な展望へと繋げていきましょう。

披露宴会場でチェック
すべきポイント

広島の結婚式場ル・クラブ・ド・マリアージュ

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

上記のポイントをもとに、ある程度会場が絞り込めてきたら実際に足を運んでみましょう。会場では定期的にウェディングフェアが開催されています。ふたりで休日などを利用し、デート気分で訪れてみると良いでしょう。その際は自分たちだけでなく、ゲストの立場になって会場をチェックしてみて下さい。特に以下の点に関しては、厳しく目を光らせましょう。

アクセスや立地

会場に関しては、訪れやすく帰りやすいロケーションであることが理想的。最寄駅からの距離がある場合は、送迎の有無についても確認しなくてはなりません。
また会場内の導線や設備はもちろん、共用部分についても清掃が行き届いているかどうかをチェックしておくことは大切です。年配のゲストが想定される場合は、バリアフリーに配慮されているかいないかについても、重要なチェックポイントとなってきます。

スタッフに関してはホスピタリティはもちろん、こちらの不安点や要望にどれだけ親身に対応してくれそうか、しっかりと観察しておきましょう。
なお、本サイトでは実際の披露宴例も紹介しています。先輩の成功例には参考にすべき点も多いので、ぜひ内容をチェックしてみて下さいね。

ル・クラブ・ド・マリアージュの披露宴会場

ヨーロッパの郊外をモチーフにした会場とチャペル

ル・クラブ・ド・マリアージュは、ヨーロッパをモチーフにしたイギリス館とフランス館で披露宴が挙げられます。どの館もすべて貸し切りなので、カップルが理想とする披露宴が開けることでしょう。併設されているチャペルでは、牧師による本格的な結婚式が挙げられます。

バラが咲き誇るマナーハウスをモチーフにしたイギリス館と、高級リゾート地をモチーフにしたフランス館の2つは、どちらも魅力的。貸し切りもできる披露宴会場と、併設されているこだわりのチャペルについてまとめました。

イギリス館「ザ・ローズマナー(バラの館)」

貴族の別邸マナーハウスをモチーフにした披露宴会場です。イギリスに今も存在するマナーハウスをイメージして建てられました。

会場までの道には色とりどりのバラが咲き誇り、貴族の館を訪れたかのような優雅さを堪能できます。

披露宴が開かれる会場内は、舞踏会が開かれるボールルームをイメージ。ゲストが着席する場所には大きな窓が設置されており、バラに囲まれた景色が楽しめます。夜の披露宴は、庭を囲む道をライトアップ。バラの庭が幻想的な世界に様変わりします。

昼と夜、どちらの披露宴でも楽しめる会場です。

フランス館「シャトー・ド・エスペランス」

優雅な雰囲気が広がる披露宴会場で、南フランスの高級リゾート地ドーヴィルに建つ別荘をイメージして造られました。フランス館ではガーデンウェディングと披露宴会場のどちらにも対応しています。

建物の内外を淡いブルーとホワイトで統一することで、フランスの地中海でバカンスを楽しんでいるかのような雰囲気になること間違いありません。

ガーデンには、カップルとゲストが思い思いの場所で式を楽しめる広い芝生を用意。夏は涼しくさわやかな式が挙げられるでしょう。夜もライトアップされたガーデンでロマンチックな雰囲気を楽しめます。

披露宴会場は自然光が差し込む大きなスペースを確保。フランス館はル・クラブ・ド・マリアージュの中で最も広い会場なので、たくさんのゲストを招待できます。

チャペル「ル・アンジュ」

本物の牧師が結婚式を執り行ってくれるチャペルです。天に向かってそびえたつようなデザインが印象的で、チャペルの階段を登り切った先には空が続いているような雰囲気さえ漂います。これから人生を共にするカップルが愛を誓う場としてふさわしいチャペルです。

チャペルに入ると、そこには大きなステンドグラスが。陽の光がステンドグラスを通ることにより、さらにまばゆい光へと変わっていきます。

チャペルに使われた木材の風合いも趣があり、本格的な教会で式を挙げているような気分で式が挙げられることでしょう。

先輩広島カップルの
披露宴レポートを見てみる!

写真・取材のご協力をしていただいた
広島の結婚式場
ル・クラブ・ド・マリアージュ
ル・クラブ・ド・マリアージュ

小高い丘の上に見える白いチャペルが目印のル・クラブ・ド・マリアージュ。広島市内から車で10分とは思えない、非日常が過ごせます。

住所:広島市安佐南区大塚西6-7-17
受付時間:平日 AM11:00~PM8:00、土日祝 AM9:00~PM9:00 年中無休(年末年始を除く)
駐車場:90台(無料)

ル・クラブ・ド・マリアージュの詳細情報はこちら>