TOP » 失敗しない!広島の結婚式場選び » カジュアルウエディングとは

カジュアルウエディングとは

結婚式というと、フォーマルな雰囲気でゲストに祝ってもらうというイメージがあるかもしれません。しかし、最近ではカジュアルなスタイルの結婚式も増えてきています。

バンケットで、ガーデンで、あるいはレストランで…アットホームにゲストをおもてなしする結婚式が叶うのがカジュアルウエディングです。

ふたりを祝福してくれるゲストにも幸せな一時を過ごしてもらいたいもの。カジュアルウエディングでは、ふたりだけではなくゲスト全員が楽しめる結婚式が挙げられます。

カジュアルウエディング
とは

カジュアルウエディングとはどのような結婚式のことを指すのでしょうか。

カジュアルウエディングは、フォーマルな披露宴のように改まっているわけでもなければ、2次会と呼べるほど砕けたパーディーでもないために、「1.5次会」と呼ばれることもあります。

わたしたちらしい結婚式が挙げられるスタイル

自由なコーディネートでふたりらしさを演出しやすいのも、カジュアルウエディングの魅力。バンケットのある会場や料理のおいしいレストランを貸し切って披露宴を挙げるカップルも多いようです。派手な演出や余興を用意しなくても、おいしい料理とゲスト同士のおしゃべりで楽しい披露宴になること間違いなし。

おもてなしの要である「料理」にもとことんこだわれば、年配のゲストにもきっと満足してもらえるでしょう。会場によっては、レストランとタッグを組んでワンランク上の料理を提供してくれるところもあります。

カジュアルウエディング最大の特徴は「会費制」

披露宴では「ご祝儀」をもらいますが、カジュアルウエディングにはご祝儀がありません。その代わり、多くのゲストが気軽に参加できるよう「会費制」を選ぶことが多いようです。

ご祝儀はゲストが自分で金額を決めなくてはならないので、いくら包むべきか頭を悩ませてしまうことも。しかし会費ならあらかじめ金額が決まっているので、ゲストも「いくら包めばいいのか」と悩むことなく参加できます。

また、ご祝儀の相場が3万円であるのに対し、会費の相場は1万円程度。会費制の方が安いので、ゲストの負担を軽くできるというメリットもあります。

カジュアルウエディングに
適した衣装は?

カジュアルウエディングでは自由なスタイルで披露宴ができるので、ドレスでも和装でも「着たい!」と思ったものを着られます。しかし、やっぱりカジュアルな雰囲気にあうのはシンプルなウエディングドレス!

こちらでは、カジュアルウエディングにぴったりなドレスのスタイルをいくつかご紹介します。

オシャレで動きやすいドレスを選ぼう!

ウエディングドレスには、スカートの裾を長く延ばしたトレーンがついたものもありますが、歩き回ったりガーデンに出たりすることが多いカジュアルウエディングでは動きにくいものです。

歩きやすさはもちろん、オシャレさも忘れないのがアンクル丈のドレス。くるぶしが見えるくらいの短さなので、立食スタイルやガーデンでの披露宴でも歩きやすさ抜群です。

動きやすさでいえばパンツスタイルがトップクラス。思いっきり自然体の自分を演出するなら、パンツスタイルにするのも良いですね。スタイリッシュなスタイルはもちろん、ワイドパンツを選べば足長効果ですらりとしたシルエットに。

上下が別れているセパレート(ツーピース)のドレスも可愛くてエレガント。きちんと感のあるシルエットとちょっと切崩したラフさが魅力的です。

ドレスにはショートヴェールと組み合わせると、カジュアルながら花嫁らしさをしっかり出せるのでおすすめですよ。

カジュアルウエディングを
行う際に注意すべき点は?

演出や写真撮影のタイミングには気を付けて

カジュアルウエディングにするなら、やっぱりお料理にはこだわりたいもの。メニューや金額だけではなく、料理を食べるタイミングにも気を配りましょう。

全員参加型の演出や写真を撮るタイミングが多いと、せっかくのお料理が醒めてしまう、結局食べられないまま式を終える…なんてことになりかねません。

料理にこだわる場合は、メニューだけではなく、食べるタイミングにも気を付けたいですね。