TOP » 失敗しない!広島の結婚式場選び » ゲストハウスウエディング

ゲストハウスウエディング

一軒家を貸し切って挙式を挙げるゲストハウスウエディング。家族や親しい友人だけでプライベートな挙式をしたいというカップルから人気を集めている結婚式のスタイルです。中世ヨーロッパを彷彿とさせるゲストハウスも多く、おしゃれで華やかなパーティーにしたいというカップルにもおすすめ。

こちらでは、ゲストハウスウエディングについての解説をはじめ、しっくりくる衣裳や式を挙げる際に気を付けておきたいポイントについてまとめています。それでは、ゲストハウスウエディングについて詳しく見てみましょう。

ゲストハウスウエディングとは

ゲストハウスウエディングは、洋館や戸建てレストランなどの一軒家を貸し切って結婚式を挙げるスタイルです。

家族や気の置けない友人たちとアットホームな式を挙げたい!というカップルにおすすめ。

ヨーロッパの邸宅を思わせるゲストハウスで挙げる高級感あふれる結婚式から、ガーデンを使ったカジュアルなパーティーにすることもできます。

他の式場との主な違い

ゲストハウス以外の式場の特徴を改めて確認し、ゲストハウスとの違いを明確にしておきましょう。

ホテルでの結婚式

ホテル内の挙式場と披露宴会場を利用しておこなう結婚式。美容室や写真室を併設していたり、参列者が前泊できたりなど、複合型施設としての利便性の高さがホテルの大きな特徴です。

レストランでの結婚式

普段はお客さんへの通常営業を行なっているレストランを貸し切り、披露宴を行います。もともとがレストランであることから、料理の質にこだわった会場が多いことが特徴。すべてのレストランで対応できるわけではないので注意してください。

専門式場での結婚式

結婚式を行なうために設けられた、まさに結婚式専用の施設のこと。挙式会場と披露宴会場を併設していることが普通で、かつ、宴内の演出の一環として、式場から日本庭園を覗く施設も多くあります。

以上それぞれの式場に対し、先に触れたとおり、一軒家を貸し切って行うのがゲストハウスの特徴です。

ホテルとは違い、二人らしい手作り感のある結婚式を挙げることができます。レストランとは違い、開放的な空間で自由に結婚式を演出することができます。専門式場とは違い、アットホームな雰囲気で参列者との距離が近くなります。

それぞれの式場の違いをイメージし、より二人にマッチした式場を選ぶようにしましょう。

ゲストハウスウェディングの魅力

ゲストハウスウェディングの魅力を具体的に見ていきましょう。

二人らしい世界観を表現することができる

ゲストハウスウェディングの醍醐味の一つが、式全体を通じ、新郎新婦らしい世界観を表現できるということ。一軒家を貸切る形となるため、演出もプログラム進行にも、なんら制約はありません。趣味で知り合った二人ならば、会場を趣味で埋め尽くすことも可能です。

ホテル、専門式場、レストランにはない自由度の高さがゲストハウスウエディングの最大の魅力と言って良いでしょう。

ゲストとの距離が近い

専門式場やホテル、レストランなどでのウェディングでは、通常、新郎新婦の席やゲストの席が固定されているもの。それゆえに、新郎新婦とゲストとの距離がやや遠くなってしまう傾向があります。

一方でゲストハウスウェディングは、演出が自由なので、席を固定する必要がありません。座って歓談してもよし、立食パーティー風にしてもよし。他の式場に比べ、新郎新婦とゲストとの距離がグッと近くなることでしょう。

海外の豪邸のような会場を堪能できる

一般にゲストハウスの外観は、まるで海外の豪邸のようです。広々としたガーデンやプールを持つゲストハウスも多く、新郎新婦もゲストも、非日常的な空間と時間を楽しむことができるでしょう。

写真映えの良さを基準にゲストハウスを選べば、新郎新婦もゲストも、一生の思い出となる景色を残すことができます。

比較的、タイムテーブルが緩い

ゲストハウスでは、通常、1日に1~2組の貸し切りシステムとなっています。よって、指定の時間までに必ず終わらせなければならない他の式場に比べると、比較的時間には余裕があります。

終わりの時間に焦ることなく、ゲストとゆっくり歓談することができるでしょう。

新郎新婦もゲストも緊張しない

一般にゲストハウスウェディングは、新郎新婦に近い関係の人たちが招待される形。ゲスト同士の関係も、近いことが多いでしょう。

ゲストは、まるで新郎新婦の自宅を訪ねるかのような感覚となり、さほど気遣いする必要がありません。窮屈なマナーなどを暗に強要される空間でもないため、新郎新婦もゲストもリラックスして式を楽しむことができるでしょう。

ゲストハウスウエディングに適した衣裳は?

ゲストハウスの雰囲気によって、似合うドレスは変わってきます。会場の雰囲気やインテリアに合わせたドレスを選びましょう。

クラシカル&ロマンティックに仕上げる

高級感あふれるアンティークな会場や白を基調としたロマンティックなインテリアが並ぶ会場では、中世ヨーロッパをイメージさせるウェディングドレスがおすすめ。織り模様入りの素材やシャンパンカラーなどを取り入れると一段と華やかになりますよ。

Aラインやプリンセスラインなど、女性らしさを最大限に引き出してくれるドレスも似合います。

カジュアル&ナチュラルに仕上げる

ゲストハウスを貸し切ってカジュアルなパーティー風のウエディングを考えているなら、ドレスもナチュラルなものを選ぶとしっくり馴染みます。

薄手のメッシュ生地がふわっと広がるチュールドレスや半透明で光沢のあるオーガンジーは、軽やかでカジュアルな雰囲気を演出してくれるドレス。ガーデンで歓談をするときにもぴったりです。ナチュラル感を出すアイテムとして、クラッチブーケを持つのも素敵ですね。

ゲストハウスウエディングを行う際に注意すべき点は?

こだわりが強いと費用がかさんでしまう

演出・装飾や料理など、凝りたいと思ったらいくらでも凝ったものができてしまうのが結婚式というもの。あれも、これも…と考えているうちに、どんどん費用が膨らんでいくというケースは珍しくありません。特に、ゲストハウスウエディングでは式の進行や内容を自由に決められるので、予算オーバーしやすいのです。

まずは結婚式でどれくらいの予算を使うのか、しっかり決めたうえで準備に臨みましょう。

ゲストハウスの下見はお早めに

ゲストハウスは1日1組限定で貸し切ることが多いので、早めに決めておかないと会場が確保できないということもあります。ゲストハウスの下見は早めに進めておいて、希望日に空きがあるかどうかを確認しましょう。

だからといって、パッと見ただけで決めてしまってはいけません。会場見学はじっくりと行ないましょう。見学会や試食会に参加すると、当日のイメージが掴みやすいですよ。

ゲストハウスはチャペルが併設されているところが多いですが、中には神前式や人前式に対応してくれるところもあります。あらかじめ挙式スタイルを決めてから見学に行くと、会場を決めやすいでしょう。

ゲストが少人数だと式が寂しい感じになることも

家族や親戚だけ、または知人を含めて30名程度まで、などの小規模な式を予定している場合、ゲストハウスの箱が大きすぎて全体が寂しい感じになることがあります。

もちろん、少人数でもゲストハウスウェディングを申し込むことは可能です。ただし、装飾を人数に合わせると寂しい感じに、装飾を建物に合わせると大げさな感じになるなど、演出がやや難しくなるかも知れません。

演出が当日の天候に左右されることがある

ゲストハウスウェディングの大きな魅力の一つが、屋外で行なわれるさまざまな演出。ガーデンを使って立食形式としたり、バルーンリリースを行なったり、プールを使った演出をしたりなど、ゲストハウスウェディングでは新郎新婦の思いのまま、自由に屋外を利用することができます。

しかし当然ですが、式の当日に悪天候の場合には、これら屋外の演出ができません。天候は当日になってからしか分からない以上、事前に、悪天候の場合の屋内での演出も十分に考えておくようにしましょう。

ゲストハウスまでのアクセスが悪いことがある

ゲストハウスの多くはガーデン付きの一軒家です。施設を作るにはある程度の敷地の広さを必要とする以上、最寄り駅からやや離れた場所にあるなど、アクセスが悪いことがあります。

最近ではアクセス良好なゲストハウスも増えてきましたが、当然、郊外の施設に比べると割高。新郎新婦は、この辺りのジレンマと向き合わなければなりません。

ゲストハウスを選ぶポイント

単に外観や雰囲気でゲストハウスを選ぶと、後悔することにもなりかねません。以下のポイントをしっかりと押さえ、一生に一度の大切なウェディングをぜひ成功させてください。

実際に見学して式場の細部まで確認する

「建物が格好いいから」「庭が広いから」「プールがあるから」などの理由で、雑誌で見た情報のみを基に申し込まないようにしてください。実際にゲストハウスに足を運び、屋外の様子はもとより、屋内の細部までしっかりチェックして、納得できるゲストハウスかどうかを判断しましょう。

完全貸し切りとなる範囲や時間を確認する

ゲストハウスによっては、一日の進行の都合上、他の時間帯のカップルと貸し切り範囲や時間が重複していることがあります。申し込みをする際には、「どの範囲まで」「何時まで」貸切ることができるのか、かならず確認しておきましょう。

演出に応じた費用を明確にしておく

演出の自由度が高いことが魅力のゲストハウスですが、それぞれの演出には費用がかかることを再確認してください。フラワーシャワーやライスシャワー、バルーンリリース、ガーデンビュッフェなどを行なう場合、それぞれの材料費に加え、スタッフの人件費も加算されます。あるいは、衣装や引き出物などの持ち込み料がかかるゲストハウスも少なくありません。

事前に費用を明確にし、許容範囲であるかどうかを判断しましょう。

どの季節に式を挙げるのかを考える

屋外での演出を存分に楽しみたい場合には、まず、式を催す季節を考えましょう。当然ですが、真冬に屋外の演出を楽しむことはできません。春や秋でも寒い日はあるので要注意です。

ただし、屋外の演出を楽しむよりも費用を抑えたいという方には、冬などのオフシーズンがおすすめ。割引になることがあるからです。

招待するゲストの顔ぶれにも配慮して選ぶ

招待するゲストの中に年配者も多い場合には、相応の配慮をしたゲストハウスを選んだほうが良いでしょう。

たとえば交通の便。高齢者や遠方からのゲストが多い場合には、最寄りの駅からシャトルバスが運行しているかどうかなどをチェックしてみてください。また、高齢者やお子様が参列する場合には、それぞれに合わせたメニューの食事を用意してくれるかどうかという点も確認しておくと良いでしょう。

ル・クラブ・ド・マリアージュのゲストハウスウェディング

広島にあるゲストハウスの中でも特に、多くのカップルたちの満足度が高いゲストハウス、ル・クラブ・ド・マリアージュ。以下では、理想的なゲストハウスのモデルを知るという意味で、ル・クラブ・ド・マリアージュの詳細についてご紹介します。

イギリス館「ザ・ローズマナー」

イギリスに点在するマナーハウス(かつての貴族の邸宅)をモデルにしたゲストハウス。「ザ・ローズマナー」の名のとおり、屋内も屋外もたくさんのバラで飾られているのが特徴のゲストハウスです。

バンケットルームは、まるで中世の舞踏会を思わせるような天井高の空間。新郎新婦の席もゲストの席も、たくさんのバラで飾られます。ナイトウェディング用に、ガーデンをライトアップさせることも可能。

ガーデンに設置されたバラのアーチは、新郎新婦にもゲストにも人気スポットのよう。よく写真映えするよう工夫された設計になっているため、前撮りにも使うカップルも多いそうです。

フランス館「シャトー・ド・エスペランス」

南フランスの高級リゾート地・ドーヴィル地域の別荘をイメージして作られた「シャトー・ド・エスペランス」。青空と一体化するような白い建物と、多くのゲストが楽しめる広大なガーデンが特徴のゲストハウスです。

白で統一された天井高のバンケットには、ガーデンを望む大きな窓を設置。開放された窓から、ガーデンへと直接足を運ぶこともできます。

万が一雨が降っても対応できるよう、テラスガーデンも用意。ナイトウェディング用のフォトコーナーも、新郎新婦、ゲストから大人気です。

費用

仮に70名のゲストを招いたとして、標準的な費用の目安を見てみましょう。

挙式 172,800円 料理 793,800円
飲み物 264,600円 新郎衣装 75,600円
新婦衣装 34,020円 控室料 25,920円
席料/会場費 291,600円 美容着付 43,092円
音響照明 54,000円 介添料 0円
ケーキ 44,820円 装花 66,528円
写真 51,408円 印刷物 26,676円
引出物 208,656円 サービス料 164,916円
合計 2,318,436円(税込)

当然、こちらに各種の演出等を加えれば、その分、費用は加算されることになります。逆に、相談次第ではこちらよりも安い料金で利用することができるでしょう。

衣装や美容、花など、何でも無料で持ち込みが自由な点は、他のゲストハウスと比べたときのル・クラブ・ド・マリアージュの大きな特徴です。

可能な演出

フラワーシャワー

主にチャペルの挙式で行なわれる欧米の風習。挙式を済ませてバージンロードから退室する新郎新婦に向け、ゲストがたくさんの花びらを撒く演出のことです。まるでシャワーのように降り注ぐ花びらから、フラワーシャワーという名が付けられました。

ル・クラブ・ド・マリアージュが用意しているチャペルでも、もちろんフラワーシャワーが可能。挙式後の掃除が大変なので、フラワーシャワーを断ったり、掃除代を別途請求したりするチャペルもあるので注意。

バブルシャワー

フラワーシャワーのほかにも、近年じわじわと人気の演出がバブルシャワー。ゲストが飛ばす無数のシャボン玉の中を歩きながら、新郎新婦が挙式から退場する演出です。

天気の良い日には、1つ1つのシャボン玉に虹色が浮かんで、とても綺麗。掃除の必要もないので、チャペルのスタッフさんの手を煩わせることもありません。ゲストは、ウェルカムスペース等に用意されたシャボン玉を手に取って演出に協力します。

バルーンリリース

挙式を終えてチャペルから退室した新郎新婦とゲストが、みなで一斉にバルーン(風船)を空へと放つ演出が、バルーンリリースです。バルーンリリースは、すでに何十年も前から続くキリスト教式の定番。親世代でもよく知っている演出です。

ル・クラブ・ド・マリアージュは、新郎新婦が希望すればバルーンリリースを行なうことが可能。なお、高速道路や空港の近くにあるチャペルでは、安全面への配慮からバルーンリリースが禁止されていることもあります。

ガーデンビュッフェ

ゲストハウスの醍醐味の一つが、庭で行なわれるビュッフェ。もちろん、広大な庭を持つル・クラブ・ド・マリアージュでも、充実のガーデンビュッフェを行なうことが可能です。

「ゲストの評価はお料理次第」というコンセプトを持つル・クラブ・ド・マリアージュなので、庭という空間的な演出はもとより、料理の中身こそ本格派。立食形式でも席を決める形式でも、どちらでも対応が可能です。テラスガーデンがあるので、雨が降っても問題ありません。

席札

何でも無料で持ち込み自由のル・クラブ・ド・マリアージュだからこそ、ゲスト一人ひとりに向け、新郎新婦が心を込めて作ったものを用意してもOK。ル・クラブ・ド・マリアージュで式を挙げたカップルの中には、大きなアクリル板をレーザーカッターで130個に切り、それぞれに手書きで名前を入れた席札を用意した例がありました。

カップルのアイディア次第でさまざまな演出グッズを用意することができるのが、ル・クラブ・ド・マリアージュの魅力の一つ。

キャンドルサーブ

新郎新婦が披露宴会場に入場するや、各テーブルを回り、手に持つキャンドルを一つ一つ手渡しする演出がキャンドルサーブ。会場の照明を落として行われる演出なので、場内はロマンチックな雰囲気に包まれます。

入場やテーブルラウンドの演出としてはもちろんのこと、会場コーディネートの仕上げをゲストとともにやる、という意味合いもあります。

以上、広島で人気のゲストハウス、ル・クラブ・ド・マリアージュの詳細を確認してみました。

広島には、ほかにもたくさんの魅力的なゲストハウスがあります。「どのゲストハウスがいいか分からなくなってきた…」という方は、こちらのル・クラブ・ド・マリアージュシャトー・ド・エスペランスを基準にし、改めて各ゲストハウスを比較してみるようにしてください。