TOP » 失敗しない!広島の結婚式場選び » 広島でできる挙式の種類 » 教会式・チャペル式

教会式・チャペル式

このページでは、チャペルウエディングについて情報をまとめています。

チャペルウエディングとは?

ル・クラブ・ド・マリアージュのチャペル

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

チャペルウエディング(教会式)とは、キリスト教の慣例に基づく結婚の儀式。キリスト教の神にあたるイエス・キリストの前で愛を誓うことで、夫婦としてのスタートを切るのです。
基本的にはキリスト教徒のカップルが式を挙げる際に選ばれる場所ですが、日本ではチャペルの持つ荘厳な美しさに人気が集まっており、純白のウエディングドレスが最も似合う場所として定番にもなっています。

もちろん正規の教会は信者以外の式を受け付けませんので、キリスト教でないカップルの場合は、ホテルや式場のチャペルでキリスト教式を行うこととなります。
近年は「大げさな結婚式は避けたい」と感じるカップルが増加中で、「教会で式だけを挙げる」ケースも多いのだとか。式場内のチャペルは小ぶりなことが多く、少人数で行う式にも向きます。広島にも数多くの結婚式用チャペルがあるので、要注目ですね。

カトリックとプロテスタントの違い

キリスト教は世界各国に波及しており、内部にもさまざまな宗派があるのですが、大別すると「カトリック」と「プロテスタント」に分けられます。
簡単に説明すると、カトリックは伝統を重んじ、プロテスタントはより自由な感性で聖書を解釈します。この2大潮流の差によって、結婚式の内容に若干の違いが出てきますので知識を深めておきましょう。

再婚 カトリック:不可 プロテスタント:状況により可
チャペルの呼び方 カトリック:御堂 プロテスタント:礼拝堂
十字架 カトリック:キリストの像が付く プロテスタント:キリストの像は付かない
バージンロードの色 カトリック:赤/緑 プロテスタント:白
進行役の呼称 カトリック:神父 プロテスタント:牧師

キリスト教の信者以外にはあまり重要でないことというイメージがあっても、ゲストに敬虔なキリスト教徒がいる場合もあります。失礼のないよう、基本的な知識は身に着けておくと良いでしょう。

チャペルのタイプ

一口にチャペルといってもいくつかのタイプがあり、テーマとによって雰囲気が大きく変わります。チャペルの種類を知っておくことで、どんな式にしたいかがより明確になってくるはず。

結婚式を挙げる際はどんなチャペルのタイプを選ぶかも考えながら計画を練ってみてください。

大聖堂風のチャペル

キリスト教の大聖堂の様式に近く、本格的な雰囲気が感じられるチャペルです。長いバージンロードの先に聖書台があり、その先には陽の光を色とりどりに変えるステンドグラスが見えます。その趣は本場ヨーロッパの大聖堂とも引けを取りません。

高い天井とアンティーク調の装飾が施されたチャペル内にパイプオルガンが響き渡る空間は、日常とは違った雰囲気に包まれることでしょう。映画、ドラマのワンシーンを切り取ったような、ロマンティックな結婚式にあこがれるカップルにおすすめです。

モダンデザインのチャペル

大聖堂を意識しつつ、現代風にアレンジされたモダンデザインのチャペルが増えています。テーマとコンセプトを重視したチャペルが多く、教会のような宗教色はほとんどありません。

一般的なチャペルは洋装のドレスが似合う雰囲気がメインですが、なかには和装でも式が挙げられる和モダン風のチャペルもあるほど。ナチュラルスタイル、かわいらしさを前面に出したスタイルと、オリジナリティあふれる結婚式を考えている方に向いているでしょう。

アットホームな小規模チャペル

一般的な造りながらなぜかホッとする、アットホームなチャペルも人気の結婚式場です。このタイプのチャペルの多くは、木目調でまとめられており、空間を柔らかい印象にしてくれる照明が多く使われています。装飾も控えめで、陽の光も淡く差し込む程度です。

チャペルはゲストを100人呼べるか呼べないかといった規模がほとんど。アットホームな雰囲気のチャペルでは、たくさんのゲストを招待するよりも、家族や親族、友人など親しい間柄のみの小規模で式を挙げるのが似合っているかもしれません。

自然に囲まれたチャペル

海、空、緑と自然をバックに結婚式が挙げられるチャペルは、美しい景色の見える場所で心に残る式を挙げたいというカップルに向いています。全面ガラス張りの造りが多いのも特徴の一つ。

リゾートホテルに併設されているチャペルであれば、オーシャンビューを眺めながら式が挙げられます。ホテルの最上階であれば、空からの絶景が眺められるでしょう。開放感のあるチャペルは眼下に広がる大自然にリラックスできること間違いなし。開放感も抜群です。

チャペルウエディングの流れ

広島のチャペルウエディング

画像協力:ル・クラブ・ド・マリアージュ

以下に、実際の教会式の流れを時系列で紹介します。

  1. 列席者入場(右が新郎側、左が新婦側)
  2. 開式の辞
  3. 新郎の入場
  4. 新婦の入場(父親と共にバージンロードを歩む)
  5. 会場全体で賛美歌斉唱
  6. 聖書朗読
  7. 誓約/指輪の交換
  8. 結婚成立を宣言
  9. 結婚証書に署名
  10. 閉式の辞
  11. 退場(独立チャペルの場合フラワーシャワーなどの演出が行われることも)

こうして見てみると「たくさんやることがある」と思われるかもしれませんが、実際には30分前後でコンパクトにまとまっているものです。

人気のある会場の場合、前後に他の式が控えていることも多いので、スムーズな進行が求められるでしょう。
本サイトでは実際の挙式例も紹介していますので、ぜひ内容をチェックしてみて下さいね。

教会式で取り入れたい演出

リングボーイ・リングドッグ

子どもに祭壇上まで結婚指輪を運んでもらう演出です。結婚指輪をくくりつけたリングピローを運ぶ役割を担います。リングピローも持ちつつ、新郎の後ろからバージンロードを歩くのが一般的です。入場が終わると新郎に指輪を渡して、ゲスト席に戻ります。

海外では親戚の子どもが担当しますが、日本では規定がありません。家族、親族に子どもがいない場合は、友人の子どもにリングボーイ・リングガールを頼む方が多いようです。

ベールボーイ・ベールガール

新婦が入場する際、一緒にバージンロードを歩いてくれる子どもたちを指します。子どもたちの役割は、新婦のベールを持つこと。トレーンベアラーとも呼ばれています。

もともと格の高さを表していたのがベールで、長ければ長いほど格が高いといわれていました。ベールボーイ・ベールガールは、その家に仕えていた子どもたちが新婦のアシスタントをしていたことから始まったとされています。

新婦の後ろを子どもたちがサポートをしながらついていく様子は微笑ましく見えるでしょう。

ベールダウン

ウエディングドレスのベールを新婦の母親が下ろし、新郎のもとへと送り出す演出です。ベールは邪悪なものから花嫁を守るためのアクセサリーで、「これまでは父と母があなたを守ってきましたが、これからは最愛の人とともに幸せになってください」という親の想いを表現しています。この後、新婦を一生愛し続けることを誓った新郎が両親に代わってベールを上げるのです。

バージンロードをともに歩く父親と、ベールを下してくれる母親の姿は、心に響くものがあるでしょう。

フラワーシャワー

挙式後に、ほとんどのカップルが行っているのがフラワーシャワー。招待されたゲストが、チャペルから出てきた新郎新婦に花びらをまいて祝福する演出です。花の香りで周囲を清め、新郎新婦を災いから守る意味が込められています。

生花は色味が綺麗で香りもリアル。高級感も与えられるでしょう。造花は生花よりも軽く、ゆっくりと落ちていくので、写真を撮った時に雰囲気が出ます。それぞれの特徴とメリットを知ったうえで、どちらを使うか決めても良いかもしれません。

リングリレー

新郎新婦それぞれが持っている長いリボンに通された結婚指輪を、参列したゲストがリレー形式で届けていく演出です。ゲストからの「おめでとう」という祝福の気持ちがリボンを通して届けられます。ゲストがつないだ結婚指輪は、最後にリングピローまで運ばれる流れです。新郎新婦とゲストの共同イベントとあって、感動も大きいものになるでしょう。

リングリレーに参加するゲストは家族、親族はもちろん、友人やお世話になった方などに並んでもらうのもおすすめです。

ル・クラブ・ド・マリアージュの教会式

こちらの結婚式場は、写真を残すフォト婚や家族だけで行う家族婚、大勢の人たちに集まってお祝いをしてもらうパーティーまで様々な結婚式の手伝いをしてくれると広島では有名な式場として知られています。では、具体的にどのようなサービスが受けられるのかをチェックしていきましょう。

ル・クラブ・ド・マリアージュの建物

チャペル「ル・アンジュ」

天に向かってそびえ立つ外観が特徴的なチャペル「ル・アンジュ」。海外の大聖堂を手掛けた職人によって造られた本格的なチャペルです。ステンドグラスから光が存分に差し込む造りになっているので、チャペル内には柔らかな光に溢れ、美しい白亜の空間で結婚式を挙げることができます。また深い色調の木目も特徴的でクラシカル。心温まるセレモニーを行うことが期待できます。

イギリス館「ザ・ローズマナー」

こちらのイギリス館は、完全貸し切りのゲストハウスの1つ。イギリスに今でも残るかつての貴族の別邸。そんなマナーハウスをイメージして造られています。バンケットルームは、舞踏会が開かれるようなボールルームを彷彿とさせる造り。ナイトウェディングでは、すぐそばにあるガーデンが数多くの灯りでライトアップされ、クリスマスイルミネーションのような雰囲気を味わうことができます。また、建物の名前にローズの文字が入っているように庭にはバラがたくさんあり、新郎新婦の席もバラで装飾することが可能です。

フランス館「シャトー・ド・エスペランス」

もう1つのゲストハウスが、南フランスにある高級リゾートの中でもセレブが集う避暑地として知られるドーヴィルをイメージして造られたこちらの建物。バンケットは軽やかで小粋な華やかさをテーマにしており、ガーデンはたくさんの緑で溢れ、季節の花々で彩られています。フランス館の中は天井が高く広々とした空間を演出。そのため、窓も大きくなっており、自然の光が差し込みやすくなっています。ガゼボには、真っ白なソファーが用意されており、ナイトウェディングでロマンティックな写真を撮影するのにピッタリです。

ル・クラブ・ド・マリアージュの牧師

人気のスワロー牧師

ル・クラブ・ド・マリアージュでセレモニーの進行役を務めるのが、こちらの結婚式上の人気牧師、スワローさんです。スワロー牧師は、結婚式が行われる当日だけでなく、こちらに常駐しているため、結婚式に関する様々なことを相談することが可能。結婚の準備をする際にたまってしまうストレスや結婚式が終わった後の悩みなど、何でも気軽に話すことができます。プロテスタントの資格を持ち、これまで長年にわたって牧師を務めてきたスワローさんであれば、きっと的確な指南をしてもらうことができ、あなたの悩みや負担が軽減されるはずです。

ル・クラブ・ド・マリアージュのサービス

事前のカウンセリングが受けられる

こちらの結婚式場の人気牧師、スワローさんが挙式前の不安なことや悩みなどを解決するため、相談に乗ってくれます。プロテスタントの資格を持っていることに加え、心理学も学ばれた本物の聖職者として、2人の良き相談相手となってくれるでしょう。

挙式だけではないサポート

広島県内はもちろん、中国地方の中でもトップクラスの施設の充実さを誇るル・クラブ・ド・マリアージュは、県外のカップルが挙式をわざわざ挙げに来ることでも有名です。そのため、送迎の手配はもちろんのこと、打ち合わせスケジュールや前撮についても完璧にサポートしてくれます。

マタニティの花嫁もしっかりサポート

最近は、結婚式を挙げる前に子宝を授かり、新婦さんが妊娠したままの状態で結婚式を挙げることも珍しくありません。ル・クラブ・ド・マリアージュでは、このようなマタニティの結婚式を積極的に受け入れており、実績は十分。他の式場で思うような対応をしてもらえなくて悩んでいる人は、相談してみてはいかがでしょうか。

3万円台から結婚式を行うことが可能

結婚式と聞くと、挙げるだけでまとまったお金がかかってしまうという印象があるかも知れませんが、ル・クラブ・ド・マリアージュなら38,000円から結婚式を挙げることができます。「本当はしなくてもいいと思うけど、形式的にやっておきたい」「こぢんまりとした挙式でいいから、費用を最小限に抑えたい」というカップルにはおすすめのプランです。

持ち込みが自由

結婚式で使用する衣装や花、写真など、普通に買えばそれほど高くないものでも式場でオプションをつけたり、レンタルしたりすると相場が上がって高くなってしまうことがあります。ですが、ル・クラブ・ド・マリアージュでは、これらの必要なものを持っている場合や他で借りたものでも持ち込みが自由。そして持ち込みの費用もかかりません。ですので、リーズナブルな価格で結婚式を挙げることができます。

ゲストが当日に選べる食事

「レストランでできることが結婚式場でできないのはおかしい」との思いから、結婚式や披露宴に参列した人がその日の気分に応じて食事を選ぶことができるサービスに挑戦しています。もちろん、食品アレルギーも完全対応してもらうことができるので安心。事前に試食することができるのも大きな魅力の1つです。

こだわりのウェディングケーキ

ル・クラブ・ド・マリアージュでは、パティシエが常駐しているため、こだわりのウェディングケーキを作ることができます。どんな細かい要望にも応えてくれると評判。接客担当のスタッフだけでなく、パティシエと直接、交渉することができるのも大きなポイントです。たくさんの自然に囲まれているル・クラブ・ド・マリアージュでは、青空の下でケーキカットを行うというカップルも多いのだとか。

最寄り駅から車で12分

最寄りの紙屋町駅から車なら12分ほどで着くほか、山陽自動車道五日市IC、広島自動車道西風新都ICともに約7分でいくことができるのでアクセスも便利。駐車場は90台まで可能なので、車での出席もできます。

まるごと体験フェアを開催

実際に行う結婚式の模擬体験を行うまるごと体験フェアを毎日、開催。会場見学はもちろん、挙式当日に食べる食事の試食やドレスの着用、挙式費用の概算やフラワーアレンジメントなどのコーディネートなどありとあらゆることを体験することができます。これまでにここで挙式や披露宴を行った先輩カップルの体験談を聞くことも可能です。

先輩広島カップルの
リアル結婚式レポートを見る!

写真・取材のご協力をしていただいた
広島の結婚式場
ル・クラブ・ド・マリアージュ
ル・クラブ・ド・マリアージュ

小高い丘の上に見える白いチャペルが目印のル・クラブ・ド・マリアージュ。広島市内から車で10分とは思えない、非日常が過ごせます。

住所:広島市安佐南区大塚西6-7-17
受付時間:平日 AM11:00~PM8:00、土日祝 AM9:00~PM9:00 年中無休(年末年始を除く)
駐車場:90台(無料)

ル・クラブ・ド・マリアージュの詳細情報はこちら>