TOP » 結婚式を最高の思い出にするための準備&計画 » ブーケの種類

ブーケの種類

ウエディングドレスの美しさを一層引き立ててくれるブーケ。

ドレスにいくつかの種類があるように、ブーケもシルエットによって種類が分けられています。ドレスによって似合うブーケの種類が違うので、相性の良いブーケを選びたいところ。

白いドレスに白いブーケを添えて清楚なイメージで統一しても良し、鮮やかな色にしてアクセントを加えるのも良し。二次会でブーケをガラリと変えて、雰囲気の違いを楽しむのも素敵ですね。

こちらでは、ブーケの種類と似合うドレス、ブーケによく使われるお花の種類をまとめました。

ブーケの種類

まんまるがかわいい「ラウンド」

お花を丸く組み合わせた、かわいらしいデザインのブーケ。色合いによってはエレガントに仕上げることもできるのが魅力的。

Aラインやベルラインなど、甘い雰囲気のドレスと相性ぴったりです。

しずくのような「オーバル」

お花をふんわりと集めたブーケ。しずくの形に似ていることから、ティアドロップとも呼ばれています。大きなお花や葉の緑色が映え、シックなドレスにもキュートなドレスにも合わせやすいデザイン。

基本的にどんなドレスにも合うオールマイティなブーケですが、Aラインやベルラインには特に映えるのでおすすめです。

ボリュームたっぷりの「キャスケード」

ボリューム感があり、縦に流れるお花が優雅さを演出してくれるブーケ。クラシカルなAラインやスレンダードレスにマッチします。バラやカサブランカなど、存在感のあるお花を使うといっそう華やかに。

荘厳なチャペルにしっくりと馴染んでくれるブーケです。

三日月のような「クレッセント」

手の上で三日月のようなカーブを描くブーケ。お花の種類によっては華やかなゴージャスさやすっきりとしたナチュラルさなど、多彩な表情を見せてくれます。

ふくらみの少ないAライン・ベルラインのドレスにも似合いますし、白無垢・色打掛とも相性抜群。和装×ブーケを実現したい方にもぴったりです。

ナチュラル感たっぷりの「クラッチ」

お花をざっくりと束ねた、ナチュラル感たっぷりなブーケ。カジュアルなパーティーやガーデンウエディングに最適です。

すらりとしたマーメイドドレスやスレンダードレスにも馴染みますし、ひざ丈の愛らしいドレスにもよく似合います。

ゴージャスな大輪を咲かせる「メリア」

永遠に枯れることのないプリザーブドフラワーに、花弁を1枚1枚重ねてひとつの大きなお花に見せたブーケ。「幸せを重ねる」という意味を持つので、めでたいウエディングパーディーの場にはぴったりです。ほっそりとしたドレスやひざ丈のドレスにも合うので、2次会のパーティーで手に取るのも良いかもしれませんね。

ユニークさを表現するのにぴったり「バッグ・ホール・リース」

キラリと個性が光るブーケと言えば、バッグ・ホール・リース。ボール型やリース型があり、どれもユニークな印象を与えてくれます。

ふんわりとしたドレスにも似合いますし、毬のようなデザインにすれば和装にもぴったりなじむブーケになるのが魅力的です。

和装に合うブーケ

和装に合わせるブーケの定番「ボールブーケ」

ボールのように丸い形をしたフォルムがカワイらしいブーケです。ボールブーケに使用される花の定番は、丸い形が特徴のピンの花。花束や生け花に良く利用される花で、ボールブーケのフォルムによく馴染みます。その他にもボールブーケには花びらが美しいダリアの花や、立体感のある大きな花が魅力のボタンなどがよく使用されています。ボールブーケは手に持つだけでのアイテムとしてではなく、顔の前で持ち上げたり、両手で包み込むようにしたりなど、色々なポーズを楽しめるのも魅力。費用は1~2万円程度で、手作りでも簡単に作れるので、節約したいという花嫁さんにおすすめです。

さまざまな形にアレンジできる「扇子ブーケ」

扇子を花束に見立て、花や飾り紐で装飾したブーケのことです。花嫁の好みや会場に雰囲気に合わせて、さまざまな形のデザインにできます。扇部分に和紙を貼り「夫」「妻」などの文字を入れるものや、結婚式を挙げる季節に合わせた花で装飾したデザインがあります。その他にも、扇子ブーケは前撮りに使用したりウェルカムスペースに飾ったりと、さまざまな場面で活躍します。

大人っぽさを演出できる「アームブーケ」

長くきれいな茎の花を使ったブーケで、凛とした曲線が花嫁の美しさを際立たせます。アームブーケは気品のある雰囲気を出させるため、「キレイ・カッコイイ結婚式にしたい」というカップルにおすすめです。和装には茎の長い花や、白い花一色でまとめられたアームブーケが人気。大人っぽさや気高さを演出できます。

個性が出せる「水引ブーケ」

水引(みずひき)とは、祝儀の際に用いられる飾りで、お祝儀袋にかける紅白の帯締(おびじめ)のこと。花では表現できない鳥や蝶など生き物をモチーフにしたデザインにできます。水引を自分の好みに合わせてさまざまな形にできるため、水引ブーケは「個性を出したい」という花嫁に人気です。

ブーケに使われる人気のお花

華やかなブーケの王道「バラ」

ブーケにつかわれるお花の代名詞。バラといってもたくさんのカラーや品種があります。清楚なプリンセスオブウェールズ、フリルのようなジュリア、上品な質感のオールドローズなど、ドレスのデザインに合った品種がきっと見つかるでしょう。

花言葉は本数やカラーによって違ってきますが、「愛情・純潔・絆」といった意味があります。花言葉に合わせて本数や色を揃えてみるのも楽しいかもしれませんね。

バラは長持ちするので、ひとつのブーケで1日を過ごしたいという方にもおすすめです。

凛と咲く女王の風格「カサブランカ」

花言葉は「純潔・無垢・威厳」。ウエディングにぴったりな花言葉を持つ、風格あふれる大輪のユリです。存在感たっぷりな佇まいを活かしたキャスケード・ブーケはチャペル婚を挙げる花嫁さんに人気。

長いトレーンを引くドレスや天井の高いチャペルでは、カサブランカの清楚さと華やかさがいっそう映えるでしょう。

元気いっぱいなイメージの「ガーベラ」

まるいフォルムとクッキリとした花芯が特徴のガーベラは、明るく元気な雰囲気を持つ花嫁さんにぴったりです。バラと同じく花の持ちが良いので、式の間ずっと持ち続けるブーケにしてもOK。

色によって花言葉は違いますが、ガーベラ全体の花言葉は「希望・前進・神秘」。二人の新しい生活の第一歩を踏み出すウエディングという場にぴったりのお花です。

ふんわり華やかな「トルコキキョウ」

ふわふわとした花弁が愛らしく、ボリュームのある花姿が華やかさを演出してくれるトルコキキョウ。代表的な花言葉は「すがすがしい美しさ・希望・優美」です。

ナチュラル系にしっくり馴染む淡いパステルカラーで、メインのお花として使うとあでやかさが際立ちます。

スタイリッシュな「カラー」

細身のフォルムが印象的なカラーは、ブーケにすると洗練されたイメージを添えてくれます。メインとしてはもちろん、サブのお花にしても素敵。すらりと伸びる茎が美しいので、クラッチ・ブーケにするのもおすすめです。

定番は白ですが、紫やイエローといった色付きもあります。色付きのカラーは、ユニークなブーケにしたいときのアクセントとして添えると良いでしょう。

ブーケの持ち込みは要確認

ブーケが持ち込めるかどうかは式場にもよるので、「ブーケにはとことんこだわりたい!」という方は、前もってプランナーに確認しましょう

当サイトでご協力いただいた結婚式場ル・クラブ・ド・マリアージュでは、ブーケの持ち込みOK。さらに、持ち込み料は一切かかりません。

広島市紙屋町から車で十数分の場所にあるので、「こだわりのブーケで式を迎えたい!」というカップルは、ぜひこちらの会場にも足を運んでみてくださいね。