TOP » 結婚式を最高の思い出にするための準備&計画 » 式の内容 » 日柄

日柄

ここでは、六曜における結婚式を挙げるのに良い日柄・悪い日柄について紹介します。

結婚式に良い日柄

日本では、古くから冠婚葬祭を行なう際には「ふさわしい日」「避けるべき日」があると考えられてきました。

結婚式はおめでたいことであるため、佳き日(よきひ)に行なうのがベスト。そのため日本では、結婚式の日取りを決める際には六曜が参考にされています。六曜(=六輝)とは、その日の運勢(吉凶)をあらわしたもの。中国から伝わり、江戸時代後期に日本に広まったとされています。六曜は「大安(たいあん)」「・友引(ともびき)」「先勝(せんしょう/さきがち)」「先負(せんぷ)」「赤口(しゃっこう)」「仏滅(ぶつめつ)」の6種類に分けられます。

結婚式を挙げるのにふさわしい日はいつ?

六曜で「縁起が良い日」とされているのが、「大安」「友引」「先勝」「先負」です。

大安

「大いに安し」という意味で、六曜の中でも最もの良い日です。

何事もうまくいく縁起の良い日と言われているため、大安の日に結婚式や結納を行なうカップルがたくさんいます。

友引

大安の次に結婚式に向いてる日です。文字通り「友を引く」という意味があり、「幸せのおすそ分け」として結婚式を挙げる夫婦が増えてきています。

ただし、友引は時間帯によって運気が変わるので注意が必要です。午前と夜は「吉」ですが、昼は「凶」とされているので、避けたほうが良いでしょう。

先勝

「先んずればすなわち勝つ」という意味で、何事も急ぐのが吉とされています。

午前が「吉」、午後が「凶」とされていますが、結婚式は午前中からスタートすれば、午後にまたがっても問題ありません。

先負

勝負ごとや急用は避けるべき日とされています。大人しく、静かに待つのが良いとされているので、夜に落ち着いた雰囲気の式を挙げるカップルに人気のようです。

日取りを決める前に事前に相談する!

結婚式を挙げる日は夫婦で決めるものですが、家族や参列者から、六曜を気にして2人が決めた日に意見されるケースがあるようです。「自分たちで日取りが決められない」と、悩んでいる夫婦は少なくありません。

式場をおさえる前に家族に相談しておきましょう。先にクリアしておかないとのちのち、家族とトラブルになる可能性が!思い出に残る最高の結婚式を挙げるために、結婚式の日取りは事前に相談しましょう。

結婚式に悪い日柄

六曜の中には、「結婚式を挙げるのはよくない」とされている日があります。

仏滅

「仏も滅するような日」という意味。六曜の中で最も「凶」とされているため、めでたい儀式には避ける習慣があります。

赤口

「凶」とされている日です。何をやってもうまくいかない日と言われていますが、11時~13時だけは「吉」とされています。

六曜は吉凶の根拠が不明なので、公では認められていません。近年は日柄を気にせず、式を挙げられるカップルがいます。

日柄によって挙式費用が変わることも

結婚式場によって、仏滅に割引プランを用意しているところがあります。

六曜に根拠はありませんが、仏滅の日を避けるカップルは多く、予約が空くことも。人気の式場でも比較的予約が取りやすくなることがあるので、希望の場所で結婚式を挙げられる可能性が高くなります。

そのほかにも、仏滅の日は予約が少ないぶん、会場が騒がしくなく、スタッフにゆとりが出てあるため丁寧に対応してもらえるそうです。

「費用を下げたい」「どうしても結婚式を挙げたい式場がある」「ゆったりとした結婚式が良い」というカップルは、大安をあえてさけるのもアリかもしれませんね。