TOP » 結婚式を最高の思い出にするための準備&計画 » 式の内容 » ナイトウエディング

ナイトウエディング

夕暮れの時間帯から夜にかけて行われるナイトウエディングについて、情報をまとめています。

ナイトウエディングの魅力

昼間の光り輝く中での結婚式とは違い、夜はグッと大人な雰囲気の結婚式になるのがナイトウエディングです。

夜ならではの演出で特別感がアップ

夕暮れから夜に移り変わる景色を背景に取り入れれば、ロマンチックで幻想的な様子が二人を包んでくれます。夜ならでは光の装飾を取り入れた演出ができ、結婚式に彩りを添えてくれるでしょう。

料金がリーズナブル

式場費用が昼間の料金より安く、リーズナブルなのも魅力です。人気のチャペルや式場でも、夜なら予約が取りやすいケースがあります。

ナイトウエディングでの演出

昼間の結婚式とは違い、どのような演出があるのか紹介します。ナイトウエディングだからこそできる装飾や演出を取り入れて、二人の門出にふさわしい結婚式にしましょう!

キャンドル

ナイトウエディングといえば、キャンドルは欠かせません。キャンドルのやわらかな灯りが会場を包み込み、ロマンチックな雰囲気を演出しつつも温かみのある空間を作ってくれます。

バージンロードに沿ってキャンドルを置けば、まるで未来への道しるべのように足元を照らしてくれるでしょう。より神聖な雰囲気を高めてくれますよ。ほかにもウェルカムスペースにデコレーションしたり、ゲストのテーブルに飾ったりと、使える場所はさまざま。水の上に浮かべるフローティングキャンドル、ガラスや額縁に入れたアンティーク風など、飾り方もお好みに合わせられるのが魅力です。

ペーパーランタン

紙素材で作られた提灯をペーパーランタンと言います。そのままでも会場を装飾できますが、中に明かりを灯すとやさしく会場を照らしてくれるのでナイトウエディングにピッタリ♪

柄と色を和風にすれば、和婚の装飾として取り入れられます。夜のガーデンウエディングで木にぶら下げてみれば、おとぎ話のような雰囲気に。和のスタイルにもポップな可愛らしいスタイルにも相性抜群です。天井をカラフルなランタンを吊るせば華やかに、シンプルな色に統一すれば落ち着いた雰囲気になりますよ。

電飾

イルミネーションで使われる電飾は、式場をキラキラ輝いた空間に演出してくれます。電飾を使う場合はやわらかなクリーム色にするのがポイント。華やかさの中にも落ち着いた印象を感じさせるでしょう。

小さめのライトで二人が座るメインスペースを囲めば、きらめく星の中にいるような印象に。会場の壁にライトを垂らせば、光のカーテンに包まれたような雰囲気を演出できます。大きめなライトを使って天井や木から吊るすと、パッと華やかになりますよ。サイズや形を使い分けて、自分たちらしい結婚式を演出できます。

ナイトウエディングに合うドレス

ナイトウエディングは、昼間の結婚式や披露宴よりも自由度が高いので、ドレスに決まりはありません。会場や結婚式のスタイルに合わせて、ドレスを選びましょう。

照明が映える素材・シンプルなデザインを選ぶ

キャンドルや電飾を取り入れたナイトウエディングは、光が映える上質な素材のドレスを選びましょう。光沢のあるシルクは、光に照らされて輝きが増します。デザインがシンプルで洗練されたドレスなら、洗練された印象を与えてくれるでしょう。

新郎の場合は、光沢のあるグレーや白のタキシードが人気。新婦のドレスに合わせてタキシードの色を選ぶ方が多いでしょう。タイや胸に差す花をドレスの色に合わせると、統一感が出ますよ。

格式のあるホテルでのナイトウエディングなら

落ち着いた場所なら、ドレスもクラシカルで大人なドレスがピッタリ。露出が少なく長いトレーンのドレスや、体にフィットするスレンダーラインのドレスなどさまざま。ドレスが光に照らされ、神聖な雰囲気を引き立ててくれます。

カジュアルなパーティースタイルなら

ゲストとの距離が近いガーデンウエディングやパーティースタイルの結婚式にするなら、動きやすくてシンプルなドレスが人気です。マーメイドラインのドレスや、裾が広がっていく王道のAラインのドレスなどがあります。

お色直しのカラードレス

夜の雰囲気に合わせた色がおすすめです。発色をおさえた質感のスモーキーカラーは、暮れていく夜にピッタリ。洗練された印象を与えるだけではなく、照明に照らされて色が引き立ちやすい特徴もあります。ブラックやゴールド、メタリックなど、昼まではなかなか着れない色を選んでみてもいいでしょう。高級感や大人っぽさがグッと増します。

ナイトウエディングの注意点

開始時間の遅いナイトウエディングは、昼間の結婚式以上にゲストへの配慮が不可欠です。

日帰りができない方への宿泊手配

遠方からゲストを招く場合、結婚式が終わる時間には交通手段がなく帰れない可能性があります。日帰りができないため、宿泊の手配が必要です。ホテルが会場なら、宿泊はスムーズでしょう。招待する際に事前に確認しておくのがベストです。

ゲストへの配慮

「結婚式は昼間にやるもの」とイメージを持っている方が多いので、ナイトウエディングに理解を得られないケースがあります。年配の方は夜遅いと疲れてしまうと感じまうかもしれません。小さなお子様がいる方も、遅くまで過ごせないと思うでしょう。開始時間を調整し、心配りを忘れないことが大切です。

2次会をどうするか

披露宴の後に2次会となると、終了時間がさらに遅くなります。しないという手もありますが、別の日に設定するという手もあります。昼間に身内だけの挙式と会食を開き、夜に友人だけを招待したナイトウエディングを開く2部制もあり、方法はさまざま。いずれにせよ、ゲストへの配慮を忘れてはいけません。

演出にしてもゲストへの配慮にしても、思い通りの結婚式にするには事前にウエディングプランナーへ相談しましょう。季節によっては寒さへの配慮もあり、すべて二人だけで考えるのは難しいものです。

一緒に作ってれるプロの力を借りて、ナイトウエディングの魅力を最大限に活かし、人生のきらめく1ページにして下さいね。