TOP » 結婚式を最高の思い出にするための準備&計画 » ウエディングムービー

ウエディングムービー

結婚式を開くためには、どれくらいの期間が必要なのでしょうか?このページでは結婚式のスケジュールについて、まとめました。

ウエディングムービーとは?

結婚式の演出としてウエディングムービーの人気が急上昇しています。結婚式を盛り上げる効果が高く、新郎新婦もゲストも満足できると評判です。ウエディングムービーはどのような場面で使われるのでしょうか。ウエディングムービーを流すタイミングは?
こちらでは結婚式のプログラムに合わせたムービーの説明はもちろん、それぞれの演出効果やおすすめの編集方法など紹介しています。新郎新婦とゲストに感動をもたらすウエディングムービーを作りましょう。

ウエディングムービーの種類

主なウエディングムービーの種類はウェルカムムービー・プロフィールムービー・エンディングムービーの3つです。それぞれのムービーは流す場所、タイミングがすべてバラバラ。ゲストに与えるインパクトも違ってきます。それぞれのムービーにはどんな特徴があるのでしょうか?ムービーの種類はもちろん、特徴とおすすめの演出方法についてもまとめています。ウエディングムービーでの演出を考えている方はぜひ参考にしてください。

ウェルカムムービー

ウェルカムムービーは結婚式のゲスト向けに流すムービーで、主に受付時間にウェルカムスペースや披露宴開始前の会場などで流します。会場に来てくれたゲストをもてなすための演出なので、ゲスト同士の会話のきっかけになるのはもちろん、一人で出席されたゲストも開始時間までの時間を気にすることなく過ごせるでしょう。会場に来てくれたゲスト一人ひとりに「結婚式を楽しんでいってほしい」という気持ちを伝えるためのムービーです。
ウェルカムムービーの内容に決まりはありませんが、結婚式の前撮りで撮った写真や挙式の様子などを流す場合がほとんどのようです。中には結婚式の準備までの過程をメイキング映像として流している新郎新婦もいます。

オープニングムービー

オープニングムービーはその名の通り、結婚式の冒頭(オープニング)で新郎新婦が入場する前に流す映像を指します。これから始まる結婚式のイメージを伝える大切なムービーなので、写真とBGMは慎重に選ばなければなりません。入場直前に流されるオープニングムービーは、ゲストのワクワク感を膨らませることでしょう。入場を盛り上げる演出のあとの入場は盛り上がること間違いなし。ゲストの緊張をほぐしてくれる効果も期待できます。
せっかくの晴れ舞台。写真のスライドムービーにするだけではなく、ちょっと凝ったものに挑戦してみましょう。同じ写真を使うのであれば、ふたりの形に切り取った写真を人形のように使ってコマ撮りがおすすめ。少しずつ人形を動かして撮ったものをつなげると、かわいいコマ撮りムービーになりますよ。結婚式までの日をカウントダウンムービーも、入場時の気持ちを盛り上げるのにもってこいの演出です。

プロフィールムービー

新郎新婦のこれまでを紹介していくのがプロフィールムービーです。それぞれの生い立ちからふたりが出会い、結婚するまでを振り返っていきます。出席してくれたゲストにふたりが歩んできた道や共通の思い出などを共有するのが目的ですが、これまでを振り返ることによるゲストへの感謝も含まれているのです。
学生時代からの友人であればそのころの新郎新婦の姿を目にすることで一緒に過ごした時間に思いを巡らせるはず。親族、とくに両親はこれまでの成長ぶりを再確認して心が揺り動かされるでしょう。プロフィールムービーによるインパクトと感動は計り知れません。ゲストにこれまでの感謝を伝えるためにも、見た人の心が温かくなるようなムービー作りをしましょう。
プロフィールムービーの制作は映像制作会社への依頼がほとんど。ブライダルフェアや広告などで紹介されている会社を見て決める場合が多いようです。費用をかけずに作りたい場合はパソコンやスマホアプリなどを使った自作ムービーもおすすめ。今は初めてでも簡単に操作できる映像ソフトが販売されているので、パソコンが扱えるのであれば節約につながります。ムービー作成用のスマホアプリも活用してみてください。
ムービーは写真で生い立ちから結婚するまでを追いかけるベタな展開はもちろん、心に残っている瞬間を本人出演でドラマ仕立てにするのもよし。ゲストが思わずクスッとする演出を加えるのも良いでしょう。

エンディングムービー(サンクスムービー)

結婚式の最後に流す、スタッフロールのようなムービーです。キャストとして流れてくるのは、新郎新婦と結婚式に参加した人たちの名前。主演はもちろん新郎新婦ですが、ゲスト全員も結婚という人生の節目に立ち会った俳優の一人という演出です。自分の名前を見つけることで、結婚式をともに作り上げたのだという気持ちをゲスト全員で感じられます。披露宴のラストを司会者のコメントのみで締めるよりも、最後まで式の余韻に浸れるはず。この間にゲストへのプチギフトを配る時間も設けられるというメリットもあります。 プロフィールムービーは結婚までの生い立ちを含めた感謝を伝える演出です。エンディングムービーでは結婚式に参加してくれたゲストへの感謝を伝えられます。エンドロールのように流れる名前の前と後にメッセージを添えれば、ゲストの心に残るエンディングを迎えられるでしょう。
エンディングムービーはあらかじめ作っておく方法と、結婚式当日の写真と動画を使って編集したものを上映する、撮って出しの方法が選べます。あらかじめ作っておく方法は余裕をもって制作できますが、ゲストの出欠によって映像内容の変更が出るおそれが。撮って出しは会場で撮ったものなのでその日の流れを思い出しながら観られるというメリットがありますが、制作チームの労力が大きいので費用が高くなります。とはいえ、どちらの方法でもゲストに感謝を伝えられることは間違いありません。どちらを選ぶかはふたり次第です。

ムービーを会場に持ち込む際に気をつけること

プロフィールムービーとエンディングムービーのディスクを持ち込む際は、流してもらう会場側への配慮を考えて1枚ずつ預けるようにしましょう。複数あるとどれをどこに使ったら良いのかわからなくなり、別のムービーを流してしまう可能性が高くなります。「これだ!」と思ったものを持っていくようにしましょう。
ムービーに使う曲は著作権にも気をつけなければなりません。市販のCDを会場で流しながらムービーを上映するのはOKですが、曲とムービーを重ねるように編集するとそれだけでコピーされたとみなされ、著作権の侵害に当たるのです。市販の曲を使いたいときは、ムービーと一緒に編集しないように気をつけましょう。
自分のパソコンを使って上映できるかどうかも会場ごとに異なります。ムービーの演出は結婚式の進行にも関わってくるポイントなので、ウエディングプランナーさんとしっかり相談しましょう。