TOP » 結婚式を最高の思い出にするための準備&計画 » 司会者

司会者

結婚式を挙げる際に気になるもの一つに司会者の選出があります。プログラムの式順をコントロールするだけでなく、アドリブにも対応できるスキルを持った司会者はどのように選ぶべきでしょうか?結婚式の司会者の種類とメリット・デメリットについてまとめました。

司会者は誰に頼むべき?

結婚式の司会者を依頼する方法は大きく分けて3つのタイプがあります。式場手配、友人への依頼、フリー司会者への依頼の3つです。

式場手配の司会者

一番早く、簡単に依頼できる方法は、結婚式場に司会者を以来することです。結婚式のプランを申し込むと、見積もりの中に司会料金が含まれている場合がほとんど。式場側が依頼する司会者は、提携している会社から派遣されます。司会を依頼する場合、依頼料を無料にしている式場もあるようです。

式場手配にした場合のメリット

結婚式の会場になれている方が司会を務めており、会場スタッフとの連携が取りやすいというメリットがあります。何度も司会に携わったことがある方なら段取りも把握しているはずですし、イレギュラーが起きても失敗は少ないでしょう。結婚式場に依頼すれば、時間をかけずにスキルの高い司会者に依頼できます。

式場手配にした場合のデメリット

結婚式場を通して依頼するので、新郎新婦が直接依頼するよりも費用が高くなります。司会者の依頼料の相場は約5万円から。式場によっては依頼料を無料にしているところもあります。

司会者は何件もの結婚式から依頼を受けるので、打ち合わせ回数が少なくなることも。新郎新婦との相性で司会者を選んでくれる式場もありますが、なかにはスケジュールが空いている司会者を優先して派遣する場合もあります。

友人に司会を頼む

結婚式の司会者はプロだけでなく友人にも依頼できます。少人数の結婚披露宴やアットホームなパーティーなどの場合に依頼すれば、より心温まる結婚式になることでしょう。

友人に頼んだ際のメリット

友人に司会者を頼む場合、プロに頼むよりも予算が安く抑えられます。プロに頼む場合は最低でも5万円以上は必要ですが、友人の場合は1~3万円程度。ご祝儀をいただいているのであれば2~3万円が上乗せするのが一般的です。

新郎新婦の仲をよく知っている友人が司会者を務めれば、会場もアットホームな雰囲気に包まれることでしょう。少人数の結婚式を考えている方は、友人への依頼を考えてみても良いかもしれません。

友人に頼んだ際のデメリット

結婚式場のスタッフとの連携が取れず、ミスが起きる場合があります。ちょっとしたミスやトラブルなどにも柔軟に対応できなければ司会者を務めるのは難しいでしょう。同じように、結婚式場の会場全体を指揮する担当者とも連携を取れなければなりません。そういった役割を考えると、友人への負担は重くなります。結婚式場の規模が大きければ大きいほど負担は重くなるでしょう。

フリーの司会者に依頼する

結婚式の司会を務めるプロ司会者の中には、フリー司会者として活躍している方がいます。その方たちは会場提携ではなく外部の派遣会社、または個人で運営している方がほとんどです。

フリーの司会者に頼んだ際のメリット

新郎新婦が好む司会者を選べます。会場が提携している会社の場合は選べる司会者が限られる場合もありますが、フリーの司会者は選ぶジャンルが絞られません。選択肢が多くなることで、結婚式をスムーズかつ感動的な運びにしてくれることは間違いないでしょう。金額は約3万円からと、会場側が紹介してくれる司会者よりも費用も抑えられます。

フリーの司会者に頼んだ際のデメリット

フリーの司会者を一から自分で探さなければなりません。結婚式が増える時期はどこも引っ張りだこになる可能性もあります。フリーの司会者に頼むか考えている新郎新婦は早めに探さなければならないでしょう。

結婚式場と提携している会社以外から司会者を選ぶ場合に「持ち込み料」がかかる場合があります。フリーの司会者を探す場合は持ち込み料がかからないかおの確認も必要です。